一撃1000Pipsの神利食いは天からのインスピレーションだったのか!?&EA「Super Recovery」進捗状況のお知らせ

先週は波乱のドル円でしたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

この度ニックネームを「EA-Designer-Kuu」と改めまして今後EAデザイナーとして腕を磨いていきたいと考えています。

当年取って61歳ですが、未だ未だ新しいことに挑戦し続けてボケない老後を心がけています。

さて本題ですが、現在Super Recoveryという名のEAをGogojungleでフォワードテスト中で、ついにGogojungleからOKが出まして、初のEA販売が本日開始されました。

MT5バックテストでTDSを使用しヒストリー品質100%の直近2年で14倍の資産になった驚異的パフォーマンスのEAMT5バックテストでTDSを使用しヒストリー品質100%の直近2年で14倍の資産になった驚異的パフォーマンスのEA | GogoJungle

そして私の個人的なリアル口座もGogojungleと同じEAで同じパラメーターのEAを稼働させています。

Super Recoveryは先週月曜日に最初のポジションを取得して、火曜日〜とポジションをパラメーターで指定した12ポジション取りました。

当然ですが、Gogojungleでのフォワードテストとリアル口座のフォワードテストのエントリー箇所が全く同じ状況でした。

イグジットはGogojungleは無裁量でEA判断によりブレイクイーブン。

リアル口座は裁量判断で一撃1200Pipsと極端に違う結果となりました。

詳細動画はこちら。

リアル口座とバックテストとGogojungleフォワードテストの3つがほぼ完全に整合性が取れています。

ただし最近のわずかな検証結果ですが、今回12ポジションをSuper Recoveryが実行する段階で本来のパラメーターでは12ポジションが上限なんですが、2つのGogojungleフォワードテストの内一つだけだけ15ポジション取っていました。

そこは何故Gogojungleのフォワードテストだけ15ポジションだったのかは未だに不明です。

もう一つのGogojungleフォワードテストでは12ポジションと正常に機能していました。

リアル口座では12ポジション、バックテストでも12ポジションだったので、今後の様子を見ていきたいと思います。

そして今回の12ポジションを保有している最中に、キリ番150円のわずか3Pipsのところまでドル円の価格が上昇してきた際に「嫌〜な予感が・・・」

「恋の予感」じゃなくて「嫌な予感」です。

キリ番目前でこのプライスアクションかぁ・・・とじっとドル円の6分足と3時間足を見ていた時に・・

とある会社からのメルマガが届きました。

そこには「150あたりに日本国政府が為替介入することに警戒感があり、上値の重い展開に・・・」と書いてありました。

まさに今150まで3Pipsという価格まで上昇していてで何やら上値の重たい展開となっていました。

キリ番を目前にして、何かもたついているように見えたところで何かピンとくるものがありました。

「これは神のお告げ?」とも思えるような感覚。

その次の瞬間私の手が自動的にEAがリアル口座で取得した12ポジションを全て手動決済していました。

そのわずが数十っ分後に・・・

150超えたと思った途端、300Pipsの急下落・・・

これがその証拠画像です。

私は現在完成したSuper Recoveryのリアル口座でのフォワードテスト中ですので、基本的には余程のことが無い限りは手動決済は致しません。

今回は例外中の例外で、「政府の為替介入+節目のキリ番到達目前=嫌な予感」つまりファンダメンタル的な要素が強烈だったので神判断できましたが、それは滅多に無いことでもあります。

そして念のために申し上げておきますが、EAでエントリーしたポジションを手動で決済した方が良いですよと申し上げているわけではありません。

たまたま今回こうしたエピソードがあったので記事にすると面白いかな程度で取り上げた案件です。

基本的にEAの場合は無裁量をお勧めしております。

何故ならEAでの初期設定で損切りは117Pipsになっています。

なのに、例えば手動決済で毎回10Pips利確したらどうなるか?想像して見てください。

リスクリワード117:10で圧倒的に不利なトレードスタイルです。

10連勝しても1回負ければ全ての利益が吹き飛びますよね?

そこんところをくれぐれも誤解なきように記事を解釈して頂ければ幸いです。

そして最後にインジケーターRecoveryとEAとしてのSuper Recoveryの両方を販売する趣旨が実は今回の記事に含まれています。

それは裁量判断を磨くという一言に尽きます。

EA単体の販売でもインジケーターとセットでの販売も結果的に同じ110,000円ですが、本当はインジケーターで裁量判断を身につけて欲しいというのが本音です。

逆に言えばEA単体で110000円なので、インジケーターは無料で使えるということでもあります。

ただしインジケーターを先に購入する必要はありますけど。

どうしても時間的に無理な場合はEA単品でも問題ないのですが、もし裁量トレードをお考えの方や経験者なら2つのセット購入をお勧めします。

それではまた!

Super Recoveryの詳細ページはこちら。

MT5バックテストでTDSを使用しヒストリー品質100%の直近2年で14倍の資産になった驚異的パフォーマンスのEAMT5バックテストでTDSを使用しヒストリー品質100%の直近2年で14倍の資産になった驚異的パフォーマンスのEA | GogoJungle

インジケーターRecoveryの詳細ページはこちら。

超!初心者向けに3時間足と6分足のサインツールだけでFX取引する超!シンプルな手法超!初心者向けに3時間足と6分足のサインツールだけでFX取引する超!シンプルな手法 | GogoJungle

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP